2014年5月17日

山里交藝学舎 ⅳ 土を学ぶ -陶然と土を焼く-

カテゴリー:イベントやワークショップに関するお知らせ,お知らせ

山里交藝学舎 講座紹介
ⅳ 土を学ぶ -陶然と土を焼く-

  風結いから更に山へ入ったところに太山寺窯を構
  える善規さん。京都やインドで作陶と絵画、工芸を
  学ばれました。代表的な作品は、深いペルシャ青を
  表すのが特徴。手びねりやロクロ、絵付け等、陶芸
  のイロハを善規さんに学びます。

立石 善規さん

あけっぴろげ 立石善規

講座受講料:35,000円(税込・全8回)

 

締切:6月2日(月)

※本講座では材料費及び窯代が一部必要です。
※詳細は、申し込み後にご案内いたします。

   

1回:6/9(月)13:30-16:30 
「手びねりで器をつくる①」
手びねりで、器(湯呑、皿、鉢etc)をつくり、
土が乾かないうちにハンコを押します。

2回:7/7(月)13:30-16:30 
「素焼きと象嵌(ぞうがん)※」
素焼きの後、ハンコを押した凹面に白土を埋めます。(※)
そして、余分な白土を洗い流します。

3回:9/8(月)13:30-16:30 
「手びねりで器をつくる③」
今回の手びねりでは、陶器・半磁器の
器(湯呑、皿、鉢etc)をつくります。

4回:10/6(月)13:30-16:30
「素焼きと絵付け」
素焼きした器に、鉄絵・コバルトで
絵付けをします。

5回:11/10(月)9:00-12:00
6回:11/10(月)13:00-19:30
「簡易な窯づくりと鍋土で器づくり」 連続交座 連携交座
簡易な窯を手作りして、鍋土で器(ぐい呑、湯呑、造形物)をつくり、
乾燥の後、炭で焼く。夕方にはそれを使ってみる。

※夕方以降は、馬交座との連携講座として
交流会を実施します!

7回:12/15(月)13:30-16:30
「タタラ板※づくり」
タタラ板づくりで、板皿、箱物をつくります。

※「タタラ」というのは製法の一つで、粘土を板状に平らに薄く伸ばしたり、
それを成形して作る際に用いる板をタタラ板とよぶ。

8回:1/19(月)13:30-16:30
「素焼きと絵付け」
素焼きの後、釉薬(ゆうやく※)の上に絵付けをします。

※釉薬とは、粘土等を成形した器の表面にかける薬品のこと。
粘土や灰などを水に懸濁させた液体が用いられる。


講座の詳細は上の画像(チラシ中面)をクリックしてください。(拡大します)

 

2014年5月14日

山里交藝学舎 ⅲ 草を学ぶ -草木染めの技法-

カテゴリー:イベントやワークショップに関するお知らせ,お知らせ

山里交藝学舎 講座紹介
ⅲ 草を学ぶ -草木染めの技法-

  啓子さんは、麻布を中心に天然染料による染めと
  絞りの技法を使って作品をつくっておられます。
  主に、原料となる植物は、琵琶湖周辺や家の近く
  から採集。それぞれの草木が持つそれぞれの色。染
  め方と楽しみ方を啓子さんから学びます。

立石 啓子さん

WASAKU

『WASAKU (和が海外に咲く)の目的は、創造的でレベルの高い日本の伝統的な文化の真髄を伝えられる出会いの場になることです。スペインはもちろん、スペイン語圏をはじめ全世界と日本を繋ぐ架け橋になることを願っています。』(HPより抜粋)


あけっぴろげ

講座受講料:35,000円(税込・全8回)

 

締切:6月11日(水)

※本講座では材料費(布代)として、別途2,000円が必要です。
※道具類は特に必要ありませんが、第1回は玉ねぎの皮を使って、綿布染め体験を行います。
※その他詳細は、申し込み後にご案内いたします。

   

1回:6/18(水)13:30-16:30 
「身近な材料で染める」
草木染めの概要を、少し講義していただいた後
玉ねぎの皮を使って、綿布を染めます。

2回:7/16(水)9:00-12:00
3回:7/16(水)13:00-16:00
「葛の葉で、絹のストールを染める」 連続交座
近くの山で、葛の葉を採取し、洗液を作ります。
その後、絹のストールを染めて、媒染※します。
※染料を繊維に定着させる工程のこと。

4回:9/17(水)13:30-16:30
「自然なものから、媒洗剤を作る」
椿の枝や葉を燃やして、灰をつくり
媒洗剤を作ります。

5回:10/15(水)9:00-12:00
6回:10/15(水)13:00-16:00
「絞りの技法を使って麻布で作品を作る①②」 連続交座
大豆を使って、呉汁を作り、麻布を浸します。
枇杷の葉を採取して、洗液を作り、絞り作業を行います。

7回:10/22(水)13:30-16:30
「絞りの技法を使って麻布で作品を作る③」
絞りの作業をし、枇杷の葉の染料で染めます。
椿の灰で媒染を行います。

8回:11/19(水)13:30-16:30
「紙を染めて、コースターやハガキを作る」
牛乳パックを使って、染めるための紙を作ります。
染料は月見草や身近な草を使い、コースターやハガキを作ります。


講座の詳細は上の画像(チラシ中面)をクリックしてください。(拡大します)

 

2014年5月14日

山里交藝学舎 ⅱ 馬を学ぶ -馬との暮らし方-

カテゴリー:イベントやワークショップに関するお知らせ,お知らせ

山里交藝学舎 講座紹介
ⅱ 馬を学ぶ -馬との暮らし方-

 翻訳家、整備士、通訳、中高英語教員など、多様な経
 歴の持ち主。これまでに100 カ国訪問(バイクで94
 カ国、バスと電車で5 カ国、馬で1 カ国)。 現在、高
 島市安曇川町にて、セルフビルドで建てた家に馬
 二頭と共に暮らす才女に学びます。
 杉野 真紀子さん

馬、大好き! :杉野さんのブログ

================================

本講座は、定員に達しました。

================================

講座受講料:35,000円(税込・全8回)

 

締切:6月19日(水)

◆各交座共にお申込みいただいた後、別途、詳細案内をお送りいたします。参加当日に必要なものや材料費などは、そちらでご確認ください。◆交座受講料に材料費及び一部燃料費が含まれておりません。交座毎に必要な場合は別途、ご請求致します。詳細につきましては、事務局(原田)までお問合せください。◆山里の暮らしには危険はつきものです。各交座ともに、一部危険を伴う作業や体験もありますが、保険には入っておりませんので、必要な方は各自のご判断でお入りください。保険費用は、各自自己負担でお願い致します。◆内容及び日程につきましては、天候不良や予期せぬ事故等により、一部変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。その他、ご不明な点は事務局(原田)までお問合せください。◆「ⅱ馬を学ぶ交座」のみ、定員5名です。馬は2頭(シロ、ブチ)ですので、参加者が交代で、馬に騎乗します。なお、体重制限(60 ㎏・70 ㎏)がありますので、ご注意ください。◆1交座=約3時間を予定していますが、自然相手の交座ですので時間に余裕をもってご参加ください。

   


講座の詳細は上の画像(チラシ中面)をクリックしてください。(拡大します)