2015年6月4日

ⅱ食を学ぶ-発酵食の奥行き-

カテゴリー:イベントやワークショップに関するお知らせ,お知らせ

taya01

平成27年度 山里交藝学舎 ⅱ食を学ぶ -郷土料理をつくる-
講師 他谷 昌子さん

今年も「美食倶楽部」の他谷さんに教えていただきます!
今回は風結いだけでなく、農家を訪ねたり、
酒蔵見学なんかにも行ってみたいと思います。
高島の発酵文化を堪能できる講座です!

他谷さんは、昨年、高島市で行われた
「たかしま発酵食文化カレッジ」の講師を務めたり、
第16回商工会女性部全国大会では、近畿支部の代表として
『発酵食品は究極の美人食』と題した主張を発表をするなど、
めまぐるしい活躍をされています。

この講座は、そんな他谷さんの発酵食に特化した
山里交藝学舎ならではの内容をご用意しています。

皆さまのご参加をお待ちしています。

――――――――――――――

概 要 全8回の通学講座【各講座共通】
日 程 7月8日(水)から1月27日(水)まで
定 員 各8名限定 ※先着順
申込締切日 7月5日(日)
会 場 山里暮らし交房「風結い」ほか
受講料 全8回 35,000円(税込)※風結いプレミアム会員 30,000円(税込)
    各1回毎 5,000円(税込)※風結いプレミアム会員 4,500円(税込)

――――――――――――――

「今の食事が未来のカラダを作る」をテーマにこころとカラダに優しいお料理をもてなす「美食倶楽部」を主宰する他谷さん。高島市に古くから伝わる発酵食について日夜、研究し、見識を深めておられる他谷さんをメイン講師に、発酵食やおもてなしについて学びます。

1.7月8日(水)10:00-13:00
おだしを学ぶ/キチンとおだしをとるコツを学びます

2.9月9日(水)10:00-13:00
発酵ダレづくり/唐辛子などを使い、常備ダレをつくります

3.10月14日(水)10:00-13:00
農家を訪ねる/地元の有機農家を訪ねてお料理します

4.10月28日(水)10:00-13:00
醤(ひしお)を仕込む/醤をつかったお料理を楽しむ

5.11月11日(水)10:00-13:00
甘酒を学ぶ/甘酒のことを知ると料理が変わります

6.12月2日(水)10:00-13:00
酒蔵を訪ねる/酒蔵の見学とお酒造りのお話をきく

7.1月13日(水)10:00-13:00
キムチを仕込む/甘酒を使った特製キムチをつくる

8.1月27日(水)10:00-13:00
山里発酵三昧/発酵食でパーティをしましょう

――――――――――――――

syoku007 syoku006 syoku005
shoku008 IMG_5230 kazayui

――――――――――――――

お申込みは、こちら。

2015年6月4日

ⅰ食を学ぶ-郷土食をつくる-

カテゴリー:イベントやワークショップに関するお知らせ,お知らせ

ちまきづくり体験

平成27年度 山里交藝学舎 ⅰ食を学ぶ -郷土料理をつくる-
講師 中野集落のお母さんたち

今年の食ⅰ講座の一押しは、日本で最も古いお寿司ともいわれ、
滋賀県の郷土食であり、ソウルフードでもある鮒(ふな)ずしづくり!
乳酸菌発酵で、昔から健康維持のために食べられていました。
「腹を壊したら鮒ずしを食え」と言われるほど。

鮒ずし【Japan web magazine】

そんな鮒ずしづくりや、毎年恒例のちまきづくり、
麹漬け、鯖(さば)ずしづくりなど
高島ならではの郷土食をつくって味わいます!

――――――――――――――

概 要 全8回の通学講座【各講座共通】
日 程 7月1日(水)から2月3日(水)まで
定 員 各8名限定 ※先着順
申込締切日 6月28日(日)
会 場 山里暮らし交房「風結い」ほか
受講料 全8回 35,000円(税込)※風結いプレミアム会員 30,000円(税込)
    各1回毎 5,000円(税込)※風結いプレミアム会員 4,500円(税込)
    ※鮒ずしづくり材料費 塩切り鮒代 7,500円(2.5kg/11~12匹)
    +お米(約2升)+漬けダル が別途必要です。

――――――――――――――

山や川、琵琶湖といった「自然の恵み」を活かした高島市の郷土料理は、親から子へ代々受け継がれてきましたが、核家族化や少子化、都市部への若者の流出など、その伝承が途絶えそうになっています。そんな郷土料理について、集落のお母さんたちから学びます。

1.7月1日(水)9:00-12:00
ちまきづくり①/ちまきづくり用の熊笹と山菜を採る

2.7月2日(木)13 :30-16:30
ちまきづくり②/集落のお母さんとちまきを作ろう

3.7月29日(水)9:00-16:00
鮒(ふな)ずしづくり/塩漬けした鮒を水で洗って天日干し

4.7月30日(木)9:00-12:00
鮒ずしとおはぎ/ご飯と鮒を漬け込む+おはぎづくり

5.11月25日(水)9:00-12:00
麹漬けを学ぶ/地域のおばちゃんに麹漬けを学ぶ

6.11月25日(水)13:30-16:30
干し柿づくり/地域の柿を使って干し柿づくり

7.12月22日(火)9:00-12:00
鯖(さば)ずしづくり/塩の文化を都に届ける山里の知恵

8.2月3日(水)13:30-16:30
味噌づくり/地域産の無農薬大豆でお味噌づくり

――――――――――――――

火のある暮らし体験 miso2012a miso1
麹漬けを学ぶ 味噌づくり2013 IMG_5230

――――――――――――――

お申込みは、こちら。

2015年3月3日

平成27年 山里交藝学舎 春の合宿 受講生募集

カテゴリー:イベントやワークショップに関するお知らせ,お知らせ


※画像をクリックするとPDFが開きます。

平成27年 安曇川中野
山里交藝学舎 春の合宿
受講生募集

昔といまと、未来を学ぶ。
 山里交藝学舎は、自然と寄り添うように、
 しなやかに、そしてしたたかに生きる農山村の豊かな暮らしから
 生きる知恵や、その精神を学ぶための学校です。


※画像をクリックするとPDFが開きます。

◆山里に暮らす【土(陶芸)、草(草木染め)、馬、食(発酵食)、
食(伝統食)、山(山仕事)、里(暮らし)】という7つの分野の
スペシャリストを講師に招いた5日間の合宿講座です。

合宿期間:3月23日(月)~3月27日(金)【全5日間】

受講料:108,000円(税込)

◆費用に含まれるもの: 講座受講料(10回)・宿泊費(布団代込)・食費(朝4食・昼4食・夜4食)・基本材料費
◆費用に含まれないもの: 保険代・会場までの交通費・道具類・その他、タオル、洗面具等、施設滞在に必要と考えられるもの

定 員:5名限定 (先着順)

応募締切:3月19日(木)

会場:山里暮らし交房 風結い
風結いは、築150 年の古民家を移築し、地産材を使い、伝統工法で再生したお家です。
短期貸しでのご利用はもちろん、会議やセミナー、イベント等の利用も可能です。
薪ストーブ・薪ボイラーあり。利用の詳細はHPをご覧ください。

講師陣:

スケジュール:

お申込みに関する注意事項
◆受講生ご本人の都合によるキャンセルの場合、一旦納入された費用は返却いたしません。
◆天候および講師の病気等、やむを得ない事情で講座日程が変更になる場合があります。
◆受講希望者が最少催行人数に達しない場合は、開講を中止することがあります。
その際は事前にご連絡するとともに納入された費用をご返金いたします。
◆講師、ほかの受講生および当会に対して迷惑をかける行為のあった場合には、
受講資格を剥奪されることがあります。その際は費用の返還をいたしません。
◆講座のテープ録音、ビデオ撮影は固くお断りします。

講座内容に関する注意事項
◆本講座にお申込みいただいた後、別途、詳細案内をお送りいたします。参加にあたり必要なものは、そちらでご確認ください。
◆山里の暮らしには危険はつきものです。各講座ともに、一部危険を伴う作業や体験もありますが、保険には入っておりませんので、必要な方は、各自のご判断でお入りください。
◆保険費用は、各自自己負担でお願い致します。
◆内容及び日程につきましては、天候不良や予期せぬ事故等により、一部、変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。その他、ご不明な点は事務局(原田)までお問合せください。
◆「馬を学ぶ」講座の馬は、2頭(シロ、ブチ)です。参加者が交代で、馬に騎乗します。なお、体重制限(60 ㎏・70 ㎏)がありますので、ご注意ください。
◆自然相手の講座ですので、気持ちに余裕をもってご参加ください。

アシスタント・ボランティア若干名募集
山里交藝学舎の運営をサポートしてくれる
アシスタント(ボランティア)を2名程度募集します。

各講座の日程に参加可能な方で18歳以上、車で来られる方、
芸術や農業に関心のある方とします。定員になり次第、締切ります。

待遇:①交通費往復1000円まで支給 ②ボランティア保険に加入

皆さまのご参加をお待ちしております。

【主催・申込・問合】
山里暮らし交房 風結い
<運営主体:おいしい水と食のむら※中野推進協議会>

申込みフォームはこちら!

〒520-1204
滋賀県高島市安曇川町中野795-3
(JR 湖西線安曇川駅から車で約15 分)
HP/ kazayui.musubime.tv 
TEL/090-2069-5448 (原田)
MAIL/musubime.harada(a)gmail.com ※(a)を @ に変換ください。